MENU

マイナチュレ白髪染めとレフィーネのヘッドスパトリートメントカラーを比較!

 

白髪染めにも多くの種類がありますが、白髪染めをくり返し行うことは、頭皮や髪を傷めることにもつながります。

 

そこで、最近はより髪や頭皮に優しいトリートメントタイプの商品が人気となっています。

 

ドラッグストアなどでもこうしたタイプの商品は多く販売されていますが、通販限定にも人気の高い商品があり、マイナチュレ白髪染めやレフィーネのヘッドスパトリートメントカラーは有名ですね。

 

【動画】

※レフィーネのヘッドスパトリートメントカラー使い方

 

成分の違い

まず、マイナチュレ白髪染めには
白髪ケア成分としてアシタ葉、ウコン根茎、オレンジフィー油、フユボダイジュ花が採用されておりスカルプケアとしてはゴボウ根、ローズマリー葉やアルテア根などの植物成分が選ばれました。

 

 

さらにヘアケア成分としては美容効果が高いことで知られるホホバオイルやアルガンオイル、エイジングケア成分としてはアルニカ花、カミツレ花、セイヨウオトリギソウなどが配合されています。

 

 

レフィーネヘッドスパトリートメントカラーでは
頭皮ケア成分として

  • パンテノール
  • ごま油
  • センブリ
  • 生姜
  • 大豆エキス
などの12種類の成分が選ばれており、髪を補修する成分としてはコラーゲンやケラチン、浸透型アミノ酸などが含まれています。

 

 

このほかでは天然のアロマ成分が含まれているのも特徴的でオレンジやレモン、イランイランやラベンダーなど女性に人気の高い精油が10種類も配合されました。

 

作用の違い

マイナチュレ白髪染めでは白髪を染める目的であることはもちろん、オールインワンケアトリートメントとなっており、白髪ケアはもちろん、エイジングケア、スカルプケアさらにヘアケアの4つのケアが同時に行えます。

 

 

カラートリートメントは髪に優しいものの、理想の色になるには時間が掛かるというイメージもありますが、こちらの商品は染まりにとことんこだわっており、2回目にはすでに実感できると評判です。
>>52歳女性の体験談はこちらで読めます。

 

 

レフィーネのヘッドスパトリートメントカラーは
癒して染めるがキーワードとなっており、白髪染めにヘッドスパの効果がプラスされ、染めながらハリとコシのある髪に導く地肌ケアが行えます。

 

 

ハリ・コシ成分は大幅にアップされ、染まり度もさらに10パーセントアップしています。

 

価格の違い

白髪染めは長く使っていくからこそ、コストパフォーマンスも考えて選びたいです。

 

マイナチュレ白髪染めは2本セットが用意されており、通常価格は2本で7960円ですが、定期コースなら初回限定で3380円となります。

 

そして2回目以降も割引があり6760円とずっとお得に購入可能です。

 

1回での解約も電話1本で可能です。

 

全額返金保証も付いていますので初めての人も気軽に注文できるようになっています。

 

 

レフィーネのヘッドスパトリートメントカラーは
スタータセットは3334円で提供されており、レフィル(詰替え)は3143円で提供されています。

 

 

1番の違い

この2つの1番の違いは、
まず容器が全く違いますので、すぐに区別をつけることができます。

 

 

マイナチュレ白髪染めはチューブタイプの容器となっていますが、レフィーネのヘッドスパトリートメントカラーはポンプタイプの容器となっています。

 

 

販売店の違い

まず、どちらの商品も通販公式サイトから購入することができますので、それぞれの公式サイトを確認してみましょう。

 

 

さらに、レフィーネの場合は、楽天・amazonなどの大手通販サイトなど公式サイト以外のお店にも取り扱っているお店が多くなっています。

 

 

マイナチュレ白髪染めは別のサイトでは置いているお店は少ないようですので、公式サイトからの注文が確実です。