MENU

マイナチュレ白髪染めと50の恵みカラートリートメントの違い


画像出典:ロート製薬HP

 

マイナチュレ白髪染めと50の恵みカラートリートメントを比較してみました!

 

配合されている成分の違い

 

マイナチュレ白髪染めの白髪染めの成分は
アシタバ葉、ウコン根茎、オレンジラフィー油、フユボダイジュ花です。

 

またヘアケア成分としてホホバオイル、アルガンオイル、ローズマリー葉、セイヨウキズタ葉、アルニカ花など美容成分を豊富に配合しています。

 

 

50の恵みカラートリートメントには、
頭皮や髪をいたわるための4種類の海藻成分を潤い成分として配合しています。

  • アラリアエスクレンタエキス
  • ヒジキエキス
  • ワカメエキス
  • カギイバラノリエキス
です。

 

作用の違い

マイナチュレ白髪染めは、ダークブラウンとブラウンの2色展開のカラートリートメントです。

 

染まることと頭皮や髪への優しさも追求している製品です。

 

2回ほどの使用で白髪が染まりますが、使い始めは何度か連続して使うことでより髪が染まります。

 

また白髪ケアだけではなく、エイジングケア、スカルプケア、ヘアケアと1本で4つのケアができます。

 

 

そのため白髪染めをすることでありがちな髪へのダメージが抑えられており、髪がつやつやとまとまり良く仕上がります。

 

 

シャンプー後のしっかりタオルドライしたあとの髪に使いますが、乾いた髪に使うこともできます。

 

 

50の恵みカラートリートメントは

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン
の3色展開です。

 

 

pH調整の独自技術でよく染まるため、1度の使用でもしっかりと白髪が染まります。

 

 

使用は1週間に1度程度で髪色をキープすることが出来ますので、何度も染め直す手間がありません。

 

しっかり染めるためには、乾いたシャンプー前の髪に使うことを推奨しています。

 

価格の違い

マイナチュレ白髪染めは、1本200g入りでショートヘアなら約6.6回分です。

 

通常価格は2本で7,960円ですが定期コースなら2本で3,380円です。
>>実際に使ったら多めに使えた体験談

 

 

50の恵みカラートリートメントは、1本150g入りでショートヘアなら約5回分です。

 

通常価格は1,620円ですので価格で比較すると、50の恵みカラートリートメントのほうが半値程度で購入することができますが、通常購入の初回なら1回あたりの価格もそれ程差はありません。

 

販売店の違い

ロート製薬のオンラインショップで購入できるのが、50の恵みカラートリートメントです。

 

オンラインショップでは5千円以下の購入の場合540円送料が掛かってしまいますが、この商品に限り初回限定で送料無料で購入できます。

 

LOHACOでも販売しており、こちらなら1900円以上が送料無料ですので2回目以降の購入の場合2本以上まとめ買いをすれば送料無料になります。

 

 

マイナチュレ白髪染めは、マイナチュレの公式サイトから購入できます。

 

定期コースなら初回キャンペーンがありますし、もし使ってみて気に入らない場合は30日間の返金保証もついています。気になる点がある場合にはフリーダイヤルから直接注文もできます。

 

 

この2つの1番の違いは、配合されている成分へのこだわりです。

 

どちらも頭皮や髪への優しさにこだわって作られているのですが、50の恵みカラートリートメントはジアミン系を除く一般的な染料を配合しています。

 

そのため1度の使用でもしっかりと白髪が染まります。

 

とにかく早く白髪を隠したいという人には価格もお手頃で使いやすいトリートメントです。

 

 

マイナチュレ白髪染めはより頭皮や髪への優しさにこだわっているため、配合している成分の約94%までが植物由来成分です。

 

 

お肌へと刺激となるような合成香料、シリコン、鉱物油、パラベン、ジアミン系染料、紫外線吸収剤、サルフェート、法定タール色素が無添加ですのでアレルギーがある、敏感肌のようなデリケートな人でも使いやすい成分配合です。

 

 

できるだけ白髪染め成分による頭皮の老化を抑えたい人にはマイナチュレがおすすめです。