MENU

マイナチュレ白髪染めとベネフィーク白髪染めの違い


写真引用:資生堂公式HP

 

マイナチュレ白髪染めと、ベネフィーク白髪染めの違いを見ていきましょう。

 

成分の違い

マイナチュレ白髪染めは安心・安全を大事にしているので、44種類の植物由来の原料を使用しています。

 

ホホバ種子油・セージ葉エキス・レモン果皮油・セテアリルアルコールなど、自然な物が豊富に配合されています。

 

 

気になる合成成分は無添加です。

 

 

ベネフィーク白髪染めは、

  • ステアリルアルコール
  • ベヘニルアルコール
  • ヒアルロン酸Na
  • ステアロイルメチルタウリンNa
など色によって若干の違いはあります。

 

無添加ではありません。

 

作用の違い

マイナチュレ白髪染めは、白髪染めをしながらきちんと髪質ケアやエイジングケアもしてくれます。

 

髪を傷めるヘアカラーのイメージを変えてくれる商品です。

 

トリ―トメントタイプでしっかり染まり、スカルプケアやエイジングケアにも働きかけてくれるのです。

 

同時にいくつもの効果がある、オールインワントリ―トメントとして高い効果が期待できるでしょう。

 

シャンプー後にタオルドライで水気を拭き取った後に、塗り込んでいきます。

 

その後は10分置いて流すだけです。

 

 

ベネフィーク白髪染めは、
美容エッセンスで髪のダメージを補修しながら、少しづつ白髪を目立たなくさせます。

 

 

こちらもシャンプー後に普段のトリ―トメント代わりとして使用します。

 

 

タオルドライの必要はありません。髪に塗り込んで5分ほど置いて流してください。

 

色をしっかり付けたい人は少し長めの時間に設定します。

 

どちらもトリ―トメントタイプで、毎日のケアに取り入れやすいです。

 

価格の違い

マイナチュレ白髪染めは、
通常価格は一本3.980円です。
定期コースにするとややお買い得になり、3.380円になります。

 

また2本セットは通常7960円ですが、現在は先行予約をすると初回価格が3.380円とかなりお得です。

 

まだ発売して間もないので、先行販売の予約があるのです。

 

 

使い続けたい人は定期コースにするのがおすすめです。

 

 

ベネフィーク白髪染めは、1本1300円となっています。

 

販売店の違い

マイナチュレ白髪染めは、公式ホームページで購入できます。

 

今後もドラッグストアやバラエティショップでの販売は予定されていません。

 

 

ホームページでチェックする事が一番手っ取り早く手に入れる手段になります。

 

 

ベネフィーク白髪染めは、
ルミネ・マルイなどのデパートに入っている@cosmestoreで購入できる他、オンラインショップでも手に入れることができます。

 

 

どちらも少しずつトリ―トメントで染める白髪染めですが、この2つの1番の違いは無添加であるかそうではないかにあります。ベネフィークは割と一般的な感じの、髪に彩りを与える白髪染めの印象です。

 

 

値段もお手頃なので、手が出やすい商品の一つです。

 

 

マイナチュレは髪を染めるのはもちろん、ヘアケアにも重点を置いていることです。

 

 

化粧品類によく入っている合成香料やパラベン・シリコン・鉱物油などが無添加なので、肌の敏感な人にもおすすめできます。
また、ヘアカラーによくあるアレルギー成分の
ジアミン系成分も無添加です。
>>覚えておきたい白髪染めでキケンな成分はこれ!

 

 

髪が傷むから染めるのをためらっていた人には嬉しいアイテムなのです。

 

 

若干他の物より価格が高くなっても、綺麗に染めることができるので満足できる仕上がりになるでしょう。

 

 

年齢と共に感じる髪のうねりやパサつき・ニオイなどにも働きかけてくれるので、身だしなみの一つとして取り入れると良いです。

 

簡単に使えるのは、続けると言う点でもかなり重要になります。

 

いずれにしても、日々使えるトリ―トメントタイプは、とても便利な逸品なのです。様々な白髪染めがありますが、色々と吟味して自分にピッタリの物を見つけてください。選び方一つで、髪の印象も変わることでしょう。