MENU

マイナチュレ白髪染めとプリオール白髪染めの違い

 

様々なヘアケアアイテムが商品として提供されていますが、その中でも特に注目されているのが「マイナチュレ白髪染め」と「プリオール白髪染め」という2種類の商品です。

 

この2つの違いを比較してみました。

 

客観的に比較していきますので参考にしてくださいね。

 

マイナチュレ白髪染めとプリオール白髪染めの成分の違い

マイナチュレ白髪染めは
ウコン・オレンジフレフィ・フユボダイジュ花などの44種類もの植物由来原料を配合しており、その割合は全体の94%を占めています。

 

 

また、

  • 合成香料
  • シリコン
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤
  • サルフェート
  • 法定タール色素
  • 鉱物油
  • ジアミン系色素
の8種類は配合していないので、安全性という点も重視しており、すぐにかぶれてしまうデリケートなタイプの人でも問題なく使用することが出来ます。

 

 

一方、プリオール白髪染めの場合は
3種類の海藻エキスとサンショウエキス、アミノ酸やコラーゲンなど頭皮と髪の毛に良い成分を主体としているのですが、タール色素や合成ポリマー、合成界面活性剤とマイナスの作用を及ぼすものも使用しています。

 

 

このために、安全性という点ではマイナチュレ白髪染めに軍配が上がります。

 

マイナチュレ白髪染めとプリオール白髪染めの作用の違い

次に、作用の違いは以下の通りです。

 

 

天然成分を中心としたマイナチュレ白髪染めは、
白髪を染めるだけではなく、ヘアケア・エイジングケア・スカルプケアも同時に実施する業界初のオールインワンタイプのアイテムで多様な作用を発揮するのが特徴です。

 

 

これに対してプリオール白髪染めは、
特に生え際部分に作用することを重視しています。

 

 

また、使用後は髪の毛がふんわりするので、ボリュームを出したい人には特におすすめです。

 

価格の違い

 

まず、マイナチュレオールインワンカラートリートメント(白髪用)は通常価格が3,980円(税抜き)で、2本定期コースを選ぶと2本で3,380円になります。

 

 

これに対してプリオールカラーコンディショナーは通常価格が1,382円(税込み)とかなりお得です。

 

この項目での比較ではやや後者が優勢といった感じです。

 

販売店の違い

 

マイナチュレオールインワンカラートリートメントは2018年の3月1日に販売を開始したばかりで公式サイト以外の取り扱いは行われていません。

 

 

これに対してプリオールカラーコンディショナーは大手化粧品メーカーが手掛けているアイテムということで、各種ドラッグストアーやスーパー、大手通販サイトなど様々な店舗で販売されています。

 

 

このために、入手しやすいのは断然こちらということになります。

 

マイナチュレとプリオールの1番の違いは?

 

ちなみに、この2つの1番の違いは、
マイナチュレ白髪染めが髪の毛全体の状態を良くしようとしているのに対して、プリオール白髪染めは手軽に簡単に気になる部分に使えるということを重視しているという点です。

 

 

 

 

みどりの黒髪などと呼ばれているように女性にとって髪の毛が黒々としていることは、色が白いということと共に他には代えられない美貌をアピールするための大切な要素です。

 

 

しかし、残念なことに年齢を重ねると共に髪の毛の根元にあるメラノサイトという細胞組織の機能が低下してしまうので、髪の毛に黒い色が付けられなくなります。

 

これが、白髪が増える仕組みです。

 

 

白髪が占める割合が多くなるほど老けて見られてしまうので、いつまでも若々しく輝いていたい人にとっては、自然に任せるままに放置しておくわけにはいきません。

 

 

それでは、どのようなアプローチが有効かというと、現在のところ医学的に白髪を改善する方法は確立されていないので、ヘアカラーにより染めるという方法が最も効率的です。

 

つまり、いわゆる白髪染めと呼ばれるアイテムを使用するのがおすすめということです。

 

 

これらはいずれもナチュラルに見せるということを重視していますが、配合している成分・作用・価格・取り扱い販売店などに違いがあるので、自分に合ったものを選びやすいというのも推奨するの理由です。