MENU

カラートリートメントとヘアマニキュア、ヘアカラー、ヘナの違いを知る!

  • カラートリートメント
  • ヘアマニキュア
  • ヘアカラー
  • ヘナ

の4つは似て非なるものです。

 

どれも髪の毛への着色を目的としたものになります。

 

 

ですが、あくまで色を脱色したり、付け足したりする成分がメイン。

 

完全に肌に優しいものではありません。

 

違いを知った上で正しく使うようにしましょう!

 

ここでは
それぞれの違いを1つ1つの特徴を私個人の体験も踏まえて解説して参ります。

 

また、それぞれの併用についてもまとめていました。

カラートリートメント


カラートリートメントとは、一般的なカラーリング剤とは異なりシャンプーの後に髪を整えるトリートメントの役割がありながら、カラーリング成分が配合されているので、毎日使用することで徐々に染めていくことが出来る白髪染めの一つです。

 

髪や頭皮に負担となる薬剤が含まれておらず、天然由来成分のカラーリング成分なので敏感肌やダメージのある髪に悩んでいる方も、潤いや美容成分を与えてダメージを補修しながら白髪を染めることができます。

 

薬事法ではヘアマニキュアと同じく染毛料に区別されますが、
黒髪を茶髪にするなどは不可能です。

 

ヘアマニキュア


ヘアマニキュアもヘアカラートリートメントも同じ半永久染毛料と呼ばれる繰り返し使用しても髪をあまり傷めずに毛染めを行える染料です。

 

ただし、この2つには大きな違いがあります。

 

ヘアマニキュアは1回染めれば色素が髪の内部まで浸透ししっかり染まります。
(しかし、色落ちもあるため、重ねて染めることで期間を伸ばします)

 

 

一方で、ヘアカラートリートメントは
ヘアマニキュアとは違い繰り返し使用することで色素が髪の表層から内部へ浸透し染まっていきます。

 

その際、
ヘアマニキュアは生え際を染めるのが難しく、
ヘアカラートリートメントは一気に髪全体を明るく染め上げるほどの効力がないという欠点がそれぞれあります。

 

そのため、ヘアマニキュアで染めてから毎日カラートリートメントをするのがおすすめです。

 

 

ちなみにドラッグストアでヘアマニキュアと書かれている棚にあるのは
ヘアカラー・白髪染めになり黒髪の色も変えてしまうので要注意です。

ヘアマニキュアとカラートリートメントの併用

併用は可能ですが、おすすめの順番としては

 

1度ヘアマニキュアで全体を染め上げてから
生え際や根元をヘアカラートリートメントで補ってゆく流れです。

 

この流れに慣れれば美容院に行かなくてもきれいな白髪染めができます。
>>新しいオールインワン・カラートリートメントを使ってみた52歳の白髪染め写真

ヘアカラー


ヘアカラーとは色染めの効果を発揮するものであり、髪のメラニン色素を分解し脱色するのと同時に染料同士を結びつける働きがあるためしっかりと染まります。

 

使用するのは

  • 永久染毛剤
  • 半永久染毛剤
  • 一時染毛剤
などで様々なカラーに染め上げる事ができます。

 

 

ヘアカラーは髪の色を変える染料の総称になるので
ブリーチなどの脱色剤も含まれます。

 

 

ヘアダイも似た意味ですが、美容師の認識では
白髪染め=ヘアダイになります。

 

 

ちなみにヘアカラーで白髪染めはできません。

 

 

一度、染め上げれば約2ヶ月ほど持つと言われていますが
新しく生えてくる髪は染まりませんので
都度、染める必要があります。

 

ですが、
脱色する薬剤が強いため、多様すると頭皮や髪に深刻なダメージを与えます。

ヘアカラーとカラートリートメントの併用

白髪が目立つようになった私は、以前にヘアカラーとカラートリートメントを併用したことがあります。

 

ヘアカラーを数回使ったときに白髪染めとしての効果が少し弱まったため私はヘアカラーとカラートリートメントの併用にチャレンジしましたが、併用して数週間が経過した頃に美容室で白髪染めを施してもらったところ髪が緑色のような色になったことを覚えています。

 

光の当たり具合で緑色に見えるという程度の人もいれば、人によっては誰が見ても緑色になっているとわかる人も存在します。

 

ヘアカラーとカラートリートメントを併用、
私はあまりおすすめできないと感じています。

 

併用と言っても混ぜて使うことはできません。

 

ヘアカラーの成分が強すぎるので危険です。
併用するなら、ヘアカラーで染め上げた後のフォローとするのが良いでしょう。

ヘナ


髪や頭皮が弱くて、市販の白髪染めを使っていたんですが、いつも使用後に頭皮が腫れて赤くなって痒くなってました。

 

そこで敏感肌の私でも安心して使える白髪染めを探していて、頭皮や髪に優しい天然のヘアカラーリング材のヘナの白髪染めを使い始めました。

 


ヘナはインドや中近東などの熱帯地域に多く自生する植物であるミソハギ科の指甲花をを粉末にしたもので、昔から原住民が儀式などで、髪や爪や手足に彩色する染料として使われてきた天然染料です。

 

 

白髪染めとして使っても頭皮が全く痛くなくしっかり白髪も染まり大満足できました。

 

 

ですが、ヘナの中にも
染め上がり効果をUPさせるために化学成分のジミアンを配合しているものがあります。

 

ジミアンアレルギーを起こさないためにも成分表記を確認するようにしましょう!
>>白髪染めやカラートリートメントで被害が出ている化学成分

 

ヘナとカラートリートメントの併用

市販の白髪染めを使うと髪の毛もゴワゴワするのが悩みでしたが、ヘナ自体にもトリートメント効果があり、さらに別のトリートメントも併用するとカラーリングした髪も指通り滑らかのサラサラヘアに仕上がりました。

 

ただし、カラートリートメントを多様すると髪に色が重ね付きますので
その重みで多少、髪がぺたんとします。

 

ヘナ自体は、時間を必要とするハーブトリートメントとも言われています。

 

待つことがデキるのであればヘナのみにして様子を見てみることで
髪質の改善も感じられるでしょう。