MENU

成分別の副作用・アレルギー問題


白髪染めやカラートリートメントでは肌に優しいと言っていても
染まり具合をしっかりするために科学成分を配合している商品が多数あります。

 

「肌に優しい」という表現はとても曖昧なものです。

 

 

ここでは現状、副作用・アレルギー被害が報告されている成分をまとめました。

 

厳密には医師の確認が安心ですが
なんとなく白髪染めやカラートリートメントに不安のある方は
以下の成分が無配合のものを選ぶようにしましょう。

 

※アレルギーが出るのは以下の成分に限ったことではありません。体質的に不安であればパッチテストを行なうようにしましょう。

ジミアン類

ジアミンは「ジミアンアレルギー」という呼び名があるほど副作用事例が多い成分です。

パラフェニレンジアミン

ドラッグストアなどで売られているカラー剤には、パラフェニレンジアミンという化学染料が使われていることが多いです。パラフェニレンジアミンとは黒髪を脱色する作用を持っていますので、白髪染めに使われることが多いのです。
副作用は、炎症、かぶれ、薄毛です。

フェニレンジアミン

フェニレンジアミンとは、「PPDA」や「パラフェニレンジアミン」が正式名称の染料で、多くの白髪染めやヘアカラーの主成分として使われています。カラーリング剤には必要な成分なのですが、人によっては副作用が出てしまうこともあるので注意が必要です。

 

フェニレンジアミンの副作用は主にアレルギーです。
軽度だと頭皮がかぶれる程度ですが重度のアレルギーの場合、身体の色々な所に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。顔やのどにアレルギーが出た場合、腫れてしまい場合によってはアナフィラキシーショックによる呼吸困難など、とても危険な状態になることもあります。

アミノフェノール(発色剤)

アミノフェノール(発色剤)とは白髪染めなどに配合されている成分のひとつです。

 

この成分が配合されている白髪染めを長年繰り返し使用することで、成分が蓄積されて副作用が出る場合があります。
その副作用とは、発がん性による身体への影響です。腎臓や肝臓などの臓器に負担をかけてしまうため、これらの臓器に持病を抱えている場合は注意が必要です。また薬剤が体内に入ってしまう恐れがあり、それによって胎児の発達に悪影響を与える可能性があるため、妊婦も注意する必要があります。

レジルシン(防腐剤)

レジルシン(防腐剤)とはベンゼンスルホン酸より化学合成にて作られる白色の針状結晶あるいは粉末で、殺菌・抗菌効果があるため防腐剤として用いられています。

 

育毛剤の他に白髪染めなどにも含まれています。

 

レジルシンの副作用とは、
まず、皮膚や粘膜への炎症を起こすことです。また、強い殺菌効果のために痒みを伴うこともあります。体質に合わないのに使用を続けていると、腎臓障害、甲状腺機能障害などの症状を引き起こすこともありますので、特に肌が敏感で弱い人は異常を感じたらすぐに使用するのを止めるべきとされています。

過酸化水素(脱色剤)

過酸化水素(脱色剤)とは、化合物であり、主に殺菌剤や漂白剤などとして使用されることの多い物質の一つです。
ホワイトニング剤や、白髪染めなどにもよく利用されています。

 

過酸化水素の副作用では、
白髪を綺麗にそめる作用がある半面で、使い方を誤れば白髪の原因になる可能性があることも指摘されています。
従って白髪染めとして利用を考えている場合は、頭皮になるべくつかないようにして利用することが望ましいと考えられております。

 

ヘナにも副作用があるのか?


ヘナは白髪染めとして有名な古来からある植物です。

 

ヘナの副作用とはどんなものがあるのでしょうか。

 

自然由来の物なのでヘナ自体に対してのアレルギーが出る人はほとんどないとされますが、一般的に手に入るヘナは効果を安定させるために混ぜ物をしている場合が多く、その不純物に対してアレルギーが出る人がいます。

 

 

これは先述したジアミン系の化学成分であることが多いとされています。

 

 

心配な方は事前にパッチテストをするようにしましょう。

 

 

また、成分による直接的な問題ではありませんが、
ヘナで白髪染めをする際には1、2時間と長時間濡れたまま放置しますので身体が冷えてしまうという副作用があります。

 

これにより体調を崩す60代が増えています。

 

ヘナで白髪染めをする時は温かい飲み物や服装をするようにしましょう。

 

 

ちなみに、このサイトでレビュー公開しているオールインワンカラートリートメントには
上記成分は一切配合されていないのでおすすめです。
>>レビューを読んでみる