MENU

マイナチュレ白髪染めと利尻ヘアカラートリートメントの違い

 

ここでは
マイナチュレ白髪染めと利尻ヘアカラートリートメントを比較していきます!

 

 

美容院でカラーリングするのは良いのですが費用が高額lになってしまい、続けて施術することができないため、市販の白髪染めを購入して自分でカラーリングする人は少なくありません。

 

市販の白髪染めは安いのですが、上手に染めることができず、白髪が染まらない部分もあり悩ましいものです。

 

さらに市販の白髪染めは髪の毛へのダメージも心配です。

 

白髪染めの悩みを解消する場合は白髪染めのヘアカラートリートメントがおすすめです。

 

マイナチュレ白髪染めと利尻ヘアカラートリートメントの価格の違い

白髪染めは頻繁に使うため安く購入したいものです。

 

マイナチュレは単品で定期購入で3380円(税抜)、内容量は200gでロングヘアには40g必要でショートヘアでは30gです。

 

 

利尻ヘアカラーは1本2000円(税抜)、
内容量は200gでロングヘアで100g、ショートヘアで30gなので、価格だけを比較すると利尻ヘアカラーが安いですが、使用回数で考えるとマイナチュレは回数を多く使えるのでコストパフォーマンスは良いです。
>>実際にマイナチュレ白髪染めを使ってみた感想

 

 

髪の毛の長さによっても使用する量が異なり、それによって1回の価格にも違いがあるため、価格を重視して選ぶなら髪の毛の長さを参考にするのも良いことです。

 

配合されている成分

自分の髪の毛に良い成分が配合している方を選びたいなら成分の違いを知ることも大切です。

 

成分の違いは以下の通りです。

 

マイナチュレ白髪染めは、
無添加にこだわりがあり配合されている成分は植物由来の原料なので優しく髪の毛を染めることができます。

 

 

植物由来原料は、ボタンエキス、ホホバオイル、明日葉やセージ、ローマリー葉のエキスなどが使われています。

 

 

 

利尻ヘアカラートリートメントは、その名の通り
利尻昆布が配合されています。

 

 

利尻昆布以外にも植物色素を使っており、クチナシ、紫根、ウコンなどを配合して頭皮にも優しく髪の毛を染められ、天然由来の保湿成分も配合しているので安心して使うことができます。

 

 

マイナチュレ白髪染めと利尻ヘアカラートリートメントは
どちらも頭皮や髪の毛に良い影響を与えないパラベンやシリコン、鉱物油などは一切使用していないことも安心できるポイントです。

 

マイナチュレ白髪染めと利尻ヘアカラートリートメントの作用の違い

マイナチュレは実際試した人の96.1%が染まると実感しているもので、放置する時間は5〜10分と短く、通常のトリートメントケアと時間はほぼ同じです。

 

 

また2回目以降は週に1度使えばよいので手軽に使うことができます。

 

 

利尻ヘアカラーは利尻昆布が配合され、敏感肌でも安心して使うことができるように保湿成分を多く配合されています。

 

 

1回使っただけでは効果は実感しにくいのですが、使い続けることで染髪が進みヘアケアも期待できるため使い始めは毎日使うと良いです。

 

 

毎日使って髪の毛が染まったことを実感できた後は、白髪が気になった時に使うようにすると良いです。

 

販売店の違い

マイナチュレ白髪染めはドラッグストアなどでは購入できないため、公式サイトの通販で購入します。
楽天やアマゾンでは販売していません。

 

利尻ヘアカラートリートメントは、ドラッグストアなどで購入することもできますが、公式サイトの通販で購入するとお得に安く購入することができます。

  • 楽天 2602円〜3240円(税込)
  • アマゾン 2650円〜3240円(税込)

 

送料無料や限定特典は公式サイトのみの特典となっています。

 

 

この2つの1番の違いは、

 

公式サイトのみで購入できるマイナチュレ

 

 

実店舗やドラッグストアなど多くの店舗で購入できる利尻ヘアカラートリートメントであるという点です。

 

 

配合されている成分はどちらも髪の毛に良い成分が配合されており、期間をかけることでしっかり染めることができますが、販売方法が大きく異なるため、ライフスタイルに合った方を選ぶことが大切です。

 

お徳感で言えば、利尻も公式サイト通販が良いですね。